看護師ワーママがひたすら健康と美容について考えるブログ

看護師ワーキングマザーです。主に健康のこと、美容のこと、子育てのこと、読書を通じて学んだこと、趣味や好きなことなどをブログにしていきたいと思います。

胸いっぱいでご飯が食べれなくなる

帰ってから夫にこのことを相談することにしたのです。 ちょうど子供が疲れて寝ちゃっていたので 話すにはいいタイミング。 前歯の根っこが死んだということは話していたのですが、 ちゃんとした話はまだしていない。 ・前歯が相当重度の虫歯のこと ・根の治…

頭のモヤモヤはなるべく早く消去すべし

夕方、歯医者に行き事情を説明します。 ありのままの胸の内を吐き出しました。 「この腫れなんですけど、治療したけど引かないのと、 先生が「硬い」というのを気にされていました。 検索して「腫れ 硬い」と打つと ”口腔ガン”と出てきて、 怖くなって、他の…

検索窓に埋め尽くされたワード

そして、そこからが私のいつもの鬼ググりタイムが始まりました。 今は情報が溢れていて、手軽に情報にアクセスして 自分に必要な情報がパッと手に入ることはいいことですね。 でもそれは同時に自分を混乱させる結果にもなりえますね。 情報源や、情報収集力…

腫れが引かないので、再診に行った結果・・・

根管治療1回目終了時に、 担当医が行った言葉 「多分この腫れは3日くらいで消えると思うよ〜」 その言葉を信じて1日、2日・・・ (う〜ん、引かない) 毎日鏡の前で唇をめくって確認作業。 職場でもやっていたので 多分変な人に見えたでしょう。 (とり…

恐怖の前歯根管治療1回目

こんにちは、サンちゃんです。 右の前歯の根管治療にいってきました。 色々とショックなことがあったので精神的にダメージを受けております。 でも、歯医者に向かうときは元気だったんです。 歯科治療は慣れてるし、抜歯なんかをするにも痛みには耐えられる…

利益目的はすぐわかる

前歯の黒ずみはウォーキングブリーチだけじゃとれないし、数年したら元に戻る。 そう調べていた。 前歯も二本死んじゃったし。 こうなったら、セラミックというのがある。 手っ取り早く変えたい! その思いがまさって上二本をセラミックに変えよう! そう思…

子どもは正直に悩みを指摘してくれる

こんにちは、サンちゃんです。 前回は前歯の根の治療をしなければならないというお話をさせていただきました。 予約を入れたので、あとは根の治療をすることになるのですが、もう一つ悩みがあります。 これも歯のことに関してなのですが、 20代前半に治療し…

私の人生のターニングポイントとなるきっかけになった悩み

こんにちは、サンちゃんです。 私には昔からのある悩みがあります。身体の悩みはいくつもあるのですが、その中の一つ。これにはとても膨大な時間と、お金をかけてきました。 私の人生を帰るほどのある悩みとは? 共感してくれる人もいる。 分かる人には分か…

新しい文章力の教室

どうも、サンちゃんです。 ブログで文章を書くことって難しいと感じていたので、上達したいなと思い手に取ったのがこの本でした。Amazonで購入。 文章の書き方の指南書のような本で大変参考になりました! この本で学んだこと ◉良い文章とは完読される文章で…

ベビーくもん3をやってみた

ベビーくもん3 やりとりレシピ3 3号のテーマである 子育てに「想像力」と「創造力」について学んだことをまとめます。 ⚫︎2歳台はこどもの興味に気づき、環境を整えることが大事こどもの世界を広げるには「想像力」と「創造力」が必要ということ。 ⚫︎自分から…

娘と料理学習 今回はスイートポテト作り!

どうも、サンちゃんです! 台風24号が想像以上に被害がすさまじそうですね。 我が家もガタガタと揺れちょっと不安になってきました。 どうか被害が出ませんように。 さて今日は外に出られないであろうと思っていたので、予定していたスイートポテト作りをし…

【映画】しあわせのかおり(ネタバレあり)

解説 金沢の港町にある小さな中華料理店を舞台に、病気で閉店を決意した老齢の店主と、夫を亡くして人生に活路を見いだせない若い女性の心の触れ合いを描くヒューマンドラマ。監督は『村の写真集』で上海映画祭グランプリを受賞した三原光尋。父娘のような関…

【書評】心を整える/長谷部誠

プロサッカー選手の長谷部誠選手のチームのキャプテン的存在感に惹かれて、そのメンタルが知りたくて手にしました。 長谷部選手メンタルを強くするという言葉ではなく「メンタルを調整する」「心を整える」という言葉で表現しています。 どのようにして整え…

プロのボランティア精神とは??情熱大陸でスーパーボランティアの尾畠春夫さん

今回の主役は尾畠春夫さん 78歳 テレビを見ると、「ん?この人見たことあるな」 行方不明になった2歳児を助けたことで、 スーパーボランティアとして一躍有名になった尾畠さんでした! 今はというと、有名になったころもともとボランティアで入っていた広島…

【書評】グアテマラの弟/片桐はいり

片桐はいりさんの著書グアテマラの弟を読了しました。 幻冬社のフェアが開催されていたので、面白そうだったのと、私はラテンの国ってすごく好きなんですよね。 趣味でサルサをやっているので中南米の国はとても好き。 なのでグアテマラのお国柄にも興味があ…

【書評】モンスター/百田直樹

百田さんの書いた本の中では非常に読みやすいと思います でも哀れな痛々しい話だった 不細工だった過去を持つ女性の話。小さい頃に恋をした男の子を思い続けて、綺麗になりたいと願った人生をかけた美の追求。女性に生まれたからこその人生を謳歌したい。そ…

【書評】宮部みゆき/誰か

宮部さんの小説。《誰か》ミステリーとしては予想が難しい展開でしたー 面白かったけれど、後半戦に意外な事実が判明したり、姉妹で仲違いがある内容は残酷なように感じたかな。ストーリーは良く考えられていて描写もイメージしやすかった。 杉村三郎35歳、…

【書評】「読む」技術〜速読・精読・味毒の力をつける(光文社新書)/石黒圭 著

石黒圭さんの著書。 「書くこと」に対して「読み方」は簡単なようで難しいと感じていて、まだまだ自分は足りていないものだと実感することが本を読んでいてよくありました。 なんとか勉強したい。そう思ったときにちょうどこの本に出会いました。 「読書術」…

【書評】凍りのくじら/辻村深月

初めての辻村深月さんの作品を読んだのは4年前。代表的なこの作品。 とても面白かったのを覚えています。 1日で読了。一言で言うと傑作!!!だと思いました。 グングン引き込まれて一気に読み進めてしまった!! この小説に出逢えて感謝! SFというジャンル…

【書評】羊と鋼の森/宮下奈都

宮下奈都さんの著書。 羊と鋼の森を読了。 仕事の休憩中の楽しみとして読みましたが、心地良い波長の物語で、音の波長に流れることができるひと時でした。 ピアノの調律師のお話です。 ピアニストを題材にしたお話ではなく、調律師という視点からの切り口の…

【書評】自由をつくる 自在に生きる/森博嗣

人気著者の森博嗣さんの著書がAmazonタイムセールで安くなっていたので、これは!思い購入しちゃいました!なんてついているんだろうか! 小説は読んだことがないので著者の本はどうなのかなと思いましたが、期待通り!貪るように一気読みしてしまいました!…

女の子を育てる上での心得 娘のモデルとして考えること

わが子は女の子です。 まだ2さい半ですが、男の子と女の子って、もうこんなに違うの?ってくらい違ってくるんですね! 第一に好きなオモチャですね。 男の子はほとんどの子が車か電車など、車輪が付いたものを好み、タイヤの回るところを凝視したり、動かし…

【書評】はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な方法/本田晃一

kindleの本日のセール本でビビっときたので即購入! 夢をかなえる方法論がテーマの本は大好きでたくさんの人の本を読んできましたが、とくに本田さんのお金に対する考え方は共感できます。 「はしゃぎながら」というテーマも、こどものころの夢中になって遊…

台風21号および北海道地震 お見舞い

歴史的な災害と言われる台風21号、 そしてそのあとを襲うようにきた北海道地震。 それぞれ被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。 どうか早く復興できることを願います。 関西国際空港に取り残されて2日間閉じ込められていた人もいたそうですね。 ほとん…

【書評】最高の子育てベスト55

こんにちは。 サンちゃんです。 今回は、最高の子育てベスト55という本の書評です。 子育てって何が正解かなんて分かりませんよね。本当何もかもが手探りで、正しいのかどうかはどうやったら判断できるんだろうと、悶々とすることが多いです。 そんな中、最…

女性のリミットをもっと早期に気づいていたなら

女性が新卒で社会に出て働くことが当たり前のような時代になって、結婚適齢期に結婚して出産って結構ハードルが高いと思うのです。 実際、新人や3年目くらいで結婚→妊娠なんておめでたい話であるのに、せっかく教えて職場に馴染んできたところなのに??? …

待機児童問題から考える女性が働き続けるには

今回は待機児童問題について考えていることを書きたいと思っています。 自分の時も保活はかなりプレッシャーというか大変に感じたのと社会とのギャップ悩んだり葛藤したりしたので忘れないうちに記しておきたいと思っています。 うちの母が言った一言。 「な…

新婚時代の日記を読んで気持ちを改める

結婚してから私は大分考え方や、生活が変わったことを実感する。 独身の頃はただただ自分の好きなことをして、遊ぶ時間や友人との時間をなによりも優先していた。一人旅とかはよくしていたけれど、普段は一人でいることに耐えられなくて、予定をいっぱいにし…

【書評】最後の授業僕の命があるうちに /ランディ・パウシュ

この本はすい臓がんで余命半年と宣告された妻と三人の子を持つ父の、大学での西尾の授業と題した講演をするノンフィクション。 がん末期のひとりの強い生き様が描かれていて、感情移入してしまう。 自分がどのように人生を生きたか。しっかりとした信念を持…

【書評】人生が変わる会話術

ブックライターの丘村奈央子さんの著書。人生が変わる会話術の書評です。 よくこの手の本は概要に重きをおいて内容に具体性がないものが多う実践向きではないいと感じることはありましたが、この本は実用性がある書だと思いました。 この会話術の本で注目さ…