看護師ワーママがひたすら健康と美容について考えるブログ

看護師ワーキングマザーです。主に健康のこと、美容のこと、子育てのこと、読書を通じて学んだこと、趣味や好きなことなどをブログにしていきたいと思います。

女性のリミットをもっと早期に気づいていたなら

 

 

女性が新卒で社会に出て働くことが当たり前のような時代になって、結婚適齢期に結婚して出産って結構ハードルが高いと思うのです。

実際、新人や3年目くらいで結婚→妊娠なんておめでたい話であるのに、せっかく教えて職場に馴染んできたところなのに???

みたいな目がある。

 

看護師の世界でいえば、リーダー業務ができるようになり、プリセプターのような新人教育までチャレンジするようになる時期。

 

そして5年目くらいになるともう職場の中でも中堅なポジションだったり大事な業務を任されたりする。

看護師の世界であれば、委員会なども任される。

 

それ以上になると転職組や、主任クラスを任されたりすることもあり、人手不足から辞めることを引き止められたり、居心地がよくなりやめられなくなるケースもある。

 

 

そうなると結婚のタイミングを次々と逃す。

そして男性側も今は仕事に馴染んできたなと思ったら、人でが足りなくて残業残業残業の日々。クタクタになってなかなかプライベートの時間も取れない。彼女もできない。できたと思ってもすれ違い。お給料も思うように上がらない時代。

結婚なんて夢のまた夢。

 

もう少し貯金がたまったら。

なんて考えているうちに30台後半。

女性は30台へ。

完全に結婚と出産のタイミングを逃してしまうのです。

 

女性には出産のリミットというものがある。これは紛れも無い不変の事実で、おそらくほとんどの女性がそれを意識して生きていると思う。

 

この選択肢を少しでも早い段階で気付けて、可能性を持てるように出来たらどれだけの人が違う人生を歩めるのだろう?

 

義務教育である程度知識を深めることが、そろそろ必要なんじゃないかと思います。

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村