看護師ワーママがひたすら健康と美容について考えるブログ

看護師ワーキングマザーです。主に健康のこと、美容のこと、子育てのこと、読書を通じて学んだこと、趣味や好きなことなどをブログにしていきたいと思います。

【書評】グアテマラの弟/片桐はいり

片桐はいりさんの著書グアテマラの弟を読了しました。

幻冬社のフェアが開催されていたので、面白そうだったのと、私はラテンの国ってすごく好きなんですよね。

趣味でサルサをやっているので中南米の国はとても好き。

なのでグアテマラのお国柄にも興味があって手を伸ばしました。

 

率直な感想ですが、、、

片桐はいりさん文才ある!!!とっても引き込まれる内容ですし、狙ってなのかわかりませんが、

笑いありな文章で、面白く読まさせていただきました。

そして感情にとても素直にかかれている。実体験をよくここまで正直に興味深くかけるなあといろんな意味で胸打たれました。 

 

物語の始まりは、突然連絡先飲み残し、飛行機で日本を飛び出て行った弟から始まります。

あるとき劇団を辞めることになり、グアテマラへ疎遠状態であった弟に会いに行くことになったのが、グアテマラとの出逢いでした。

そこから興味深くとても日本とはまるで違ったグアテマラの生活を知ることとなる。

 

グアマテラの首都アンティグアで暮らす弟の生活は、日本大使館と呼ばれるほど、スペイン語を学ぶ拠点と化していた。

同じ家にいるときには口も聞くことのなかった弟が、両親に欠かさずパソコンからやりとりをするようになるのです。

 そして妻を持ち、ここの国で生きる心構えでいることを知ります。

妻のペトラさんは「美味しいご飯さえ作れれば人生のたいていの問題は解決できる」と手ほどきをうけたそうで、丁寧に料理をするひとだそう。

夫である弟は幸せ者だ、彼の食べたいものはすべて作ることができる。」という忠誠心に胸が打たれました。

面白く読ませていただいたのがグアテマラの文化。

 

日常の話から日本との違いをもとにびっくりするような生活様式などが片桐はいりさん目線で描かれている。

その中でもとくに、 シエスタの文化は私が実に羨ましいと思うならわしのひとつです。

 

ランチを摂ったあとのパブリックなお昼寝の時間。休めることが尊い国というのはなんてステキなんだろうと思った。

 

グアテマラに旅をしたような気分にさせてくれた一冊でした。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村