看護師ワーママがひたすら健康と美容について考えるブログ

看護師ワーキングマザーです。主に健康のこと、美容のこと、子育てのこと、読書を通じて学んだこと、趣味や好きなことなどをブログにしていきたいと思います。

娘と料理学習 今回はスイートポテト作り!

どうも、サンちゃんです!

台風24号が想像以上に被害がすさまじそうですね。

我が家もガタガタと揺れちょっと不安になってきました。

どうか被害が出ませんように。

 

さて今日は外に出られないであろうと思っていたので、予定していたスイートポテト作りをしました!

 

娘に「これなーんだ?」と

娘「さちゅまいもー!」

私「正解!これからスイートポテトをつくろう!」

娘「いーよー」

スイートポテトは多分保育園のおやつで食べたことあるはずだけど、多分わかってない。

 

これがさつまいもだねー。

軽く土のついたさつまいもをそのまま差し出す。

娘「わあー!」

それは興味深そうに触って重さを確かめてじっくり見つめていました。

私「さあ、皮をむくよー」「皮はごみだからっこの袋にあつめてね」

娘「はーい」

楽しそうにお手伝いをしてくれる娘。

私「じゃあ、今度は包丁できるから見ててね。」

包丁は今までおもちゃの包丁でバナナを切らせたことはあるのでまだデビューしていないのです。ましてや固いさつまいもはまだ無理ですねえ。

カットしてもらったものをボウルにいれてもらい、レンジでチン!

熱いうちにつぶして、卵とバターと一緒に混ぜる!

私「これはなにかなー?」

娘「たっまごー!おさとうー!」「おさとうなめていい?」

私「正解!お砂糖と、生クリームをいれよう。」

娘「まぜまぜー」

そのあとは、大好きな成形タイム!!

どうなるか楽しそうだったので見本は見せないで、自由にやっていいことにしました!

なんか小指みたいな小さくてほっそーいものができました。

さいごにゴマをパラパラー。これも楽しそう。

 

そしてさまざまな形のスイートポテトが出来上がり。

トースターでチン!

 

簡単にできちゃったよー。

 

娘「チャンちゃんとママでつくったんだよねー」と得意げ。

娘「んー!なんかおいしい!」

なんかってなんだ!?面白い感想だな。

 

料理は色々な刺激がたくさん。

食材の触感、色などを知るのも大切だし、調理していく過程でどのように変化していくかや、調理には手順があるんだということを学ぶ機会にもなります。

 

切ったりするのもそろそろ始めたいなーとは思っていますが、まぜる、こねる、もりつけるなどの経験だけでも十分かなと思いました。

 

自分でつくったものを自分で食べることを経験し、達成感を味わうことができるのは大人といっしょですよね。

私もはじめて料理したころを思い出すと、これはどうなんだろう?これはどうやってつくるんだろう?とどんどん新しい疑問が湧いて来たり、あれもつくりたい、これもつくりたいと料理の幅が広がった時期がありました。

こどもの興味もきっとそうやって広げていくことが大事なんじゃないかなと思います。

親がいっぽうてきに与えるやり方ではなくて、興味を持てるような環境をととのえてあげること。これが大事なのかなと。

ぐちゃぐちゃになったり、片付けが大変なのがネックで、結構疲れるので、なかなか腰があがらず、意気込んで今日のクッキングをしてみたのですが、2歳半ともなると、お手伝いに興味津津だったり、手先が器用でやり方をすぐにおぼえたり、集中してやってくれるので以前よりも手がかからず、私もいっしょに楽しむ余裕ができました。

(前はクッキーつくりを何度かやっています)

 

また料理には積極的に関わらせてあげたいなと思った1日でした。(休日限定)

 

パパにとっておいてあげようね。といいつつ大量にできたスイートポテトは私と娘でほとんど食べ尽くしてしまうのでした。笑

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村