看護師ワーママがひたすら健康と美容について考えるブログ

看護師ワーキングマザーです。主に健康のこと、美容のこと、子育てのこと、読書を通じて学んだこと、趣味や好きなことなどをブログにしていきたいと思います。

恐怖の前歯根管治療1回目

こんにちは、サンちゃんです。

 

右の前歯の根管治療にいってきました。

色々とショックなことがあったので精神的にダメージを受けております。

 

 

でも、歯医者に向かうときは元気だったんです。

歯科治療は慣れてるし、抜歯なんかをするにも痛みには耐えられるし、

根の治療も2回目だし、

奥歯より前歯の方が簡単にできるってことも聞いていたので甘く見ていました。

 

この治療を終わったら、念願の矯正と、綺麗な歯を手に入れるんだ〜。

そのためのステップだから乗り越えることなんて簡単〜♪というようにウキウキしていたのです。

 

 

 

まず、去年右下の歯の根管治療でお世話になっていた先生でしたので

初対面ではないです。

 

レントゲンを見て

定番のセリフを言われます。

 

「前歯ぶつけた?」

 

(このセリフ、聞き飽きた)

 

「記憶に残るような衝撃はなかったです」

 

と答えるしかありません。

 

 

 

なにせ記憶がないのですから。

原因は、

・ぶつけたような衝撃

or

虫歯治療で感染してそれが歯髄の方へ流れて病変を起こした。

 

のではないか。

CTをとって見なきゃ分からない

 

そうです。

CTは最近取り過ぎていたので、被曝が心配ということもあって今すぐ必要ないならしない方針で。

と伝えたらOKしてくれました。

 

レントゲンを見るところによると、

 

・根っこには病変がない。

・その周りの骨が溶けている様子がある。

 

とりあえず治療を開始しましょうとのこと。

 

ラバーダムをかけた処置。

 

ここからは口開けっ放しの辛い時間。

唾も飲み込めない

しばらく喋れないと思うと急に緊張する。

 

(聞いておかなければ・・・)

 

「ど、どれくらいで終わりますか?」

 

「大体30分くらいで終わると思うけど・・・」

 

 

見事に1時間弱かかりました。

 

 

顎が外れそうなくらいの開講器具をつけられ

ラバーダムを鼻にかけられ息ができなくなりそうになりながら始まりました。

 

処置の間

 先生が発した言葉。

 

「あー、どうしようかな」

「石灰化しているよー」

「あ、血出て来ちゃった」

 

など不安を煽るような発言が度々あり。

 

(大丈夫か・・・?先生も唸らせるほど、ひどいのか・・・

”どうなってるんですか?””そんなにひどいのですか?”何も聞けないしな)

(急にこれはお手上げだ!搬送!とかなったらどうする?)

とか

 

 

(子どもを見れなくなったら預け先どうしよう・・・)

 

 

と涙目になりながら、

もちろん訴えることもできずにただひたすら目を閉じて無事に終わることを祈っていました。

 

「ちょっと痛いかもよ?」

 

「ごめんね、ひびくよ〜」

 

とか言われても、全然感じませーん。

 

私の神経って究極に腐っているんじゃ(=゚ω゚)ノ

 

痛みを感じなくてよかった。(・・のか?)

 

 

途中動画撮影なんかもして、

後から見せてもらったりしました。

 

やっと終わった!

 

終わったと分かった時のあの安心感ったらないですね。

後からなんか不安にさせられる言葉を聞くかも知れないけど、

ひとまず無事に終わったことに感謝。

 

 

久しぶりに緊張した処置でしたね。

 

 

「とりあえずお薬を詰めたからこれ以上酷くはならない」

「今日は流石に痛みは出るかもしれません。それでも痛むなら抗生剤など出します。」

 

根尖が大きいので通常のお薬は入れないで

次は土台を作ってMTAセメントという物を流し込みます。

 

 

メリットとしては、骨が溶けたのを治すこと

 

デメリットとしては、一度使ったら取り除けない。費用が高い。くらい

 

 

それでもダメだった場合は、オペしかない。

 

というようなことを言われました。

 

そう聞くと、

MTAについて調べまくる私。

 

ひとまず先生にお任せしましょう。

 

あと2回で治療は終わるとのこと。

1ヶ月以上予約が取れないのですが、

待ちましょう。

 

キャンセル待ちをして

奇跡的に治療が早められることを期待することにします!