看護師ワーママがひたすら健康と美容について考えるブログ

看護師ワーキングマザーです。主に健康のこと、美容のこと、子育てのこと、読書を通じて学んだこと、趣味や好きなことなどをブログにしていきたいと思います。

腫れが引かないので、再診に行った結果・・・

根管治療1回目終了時に、

担当医が行った言葉

 

「多分この腫れは3日くらいで消えると思うよ〜」

 

 

その言葉を信じて1日、2日・・・

 

(う〜ん、引かない)

 

毎日鏡の前で唇をめくって確認作業。

 

 

職場でもやっていたので

 

多分変な人に見えたでしょう。

 

 

(とりあえず一週間待ってみよう)

 

 

うん!治らない!

ということで心配性な私は、再診の予約を取りました。

 

「あー、前と同じだね。これもしかしたら予後悪いかもな〜」

 

 

なんとも不安を煽りますな、先生。

 

・もしかしたら、まだ感染が残っている。

・歯の根っこではなく横側に細菌感染がある。

・何度か消毒をさせてもらうように作戦変更かも。

・それでも治らなければ、オペかも

・歯根端切除術をしなければ行けないか?

・それでも難しいか?

 

見たいな話をされ、次に予約の患者さんが入っているからまた今度!

ということで、話がうやむや・・・

私の心もうやむやな状態で、

歯医者を後に・・・

 

 

「あとは本当はCTを撮ったほうが分かるよ。まあ、まずは、2回目の治療が終わってからでもそれはいいから」と。

 

CTは、他の矯正歯科のカウンセリングの時に急に取らされたりして、

被ばくのリスクを懸念していた私に撮ってあまり取りたいものではありませんでした。

 

でも材料がないと料理ができないように

画像がないと治療の判断ができないことはわかっている。

 

いづれは取らなきゃなとは思っていました。

 

2回目の治療の予約まで予約がいっぱい埋まってしまっていて、

 

1ヶ月以上先・・・

 

一刻も早く治療を進めたい私としては、

事務の方に一応ダメ元で聞いてみました。

 

「キャンセル出ていないですよね〜」

 

「出ません。出たら順番にお電話連絡しますから」

 

「(ですよね・・・)はい!」

 

ということで、

気持ちが沈みがちになり帰宅。

 

そのあとです。

 

 

「腫れが硬いんだよなー」

 

 

の言葉が重くのしかかった私は、その言葉から推測される自分の状態をひたすら調べだすのでした。

 

 

続く